【仮想通貨】 Binance銘柄の送金手数料一覧(2018/1/8)



どうもこんにちは。

前回のBinance銘柄送金手数料一覧の記事がよくアクセスされていますので、更新版の記事です。

前回2017/12/18から1ヶ月も経過していませんが、XRPをはじめ主要アルトとBinanceの草コインATHにより、コイン自体の価格が上昇しているおり、JPY建て送金手数料に変化があります。またBinanceによる手数料更新が入った銘柄もあります。

前回の記事はこちら。

【送金手数料】仮想通貨 Binance銘柄の送金手数料一覧

 

ということでBinanceヘルプを参考に送金手数料(Fee for Withdrawall)を日本円で安い順に並べてみたいと思います。


Binanceの送金手数料一覧

  • 一覧ソース:Binanceヘルプ
  • 日本円換算(通貨の価格):CMCのAPI
  • 送金手数料:手数料☓通貨の価格(¥)
  • ソート順:送金手数料の安い順
  • 2018年1月8日 13:00現在データ


 

並べてみてわかったこと&前回からの気付き

  • 一番安い(というか0円!)のはNEOとGAS(1位)
  • 前回0円だったIOTAが228円で26位転落(IOTAって送金0円がウリだったんじゃ…Binanceだけかな?)
  • 一番高いのはTetherで5648円!たっけ~な。USDT!USDT!(79位)
  • ビットコインの手数料はご存知の通りトランザクション滞留により値上がり。1811円(63位)
  • イーサリアムも高め。1413円(50位)
  • 0円以外で手数料1円未満はHSR、XLMの2銘柄、XVGは価格上がりで1.9円
  • みんな注目XRPは手数料値上がりして90円。11月は4円ぐらいだったけどだいぶ高騰(といってもまだ全然安い)
  • BCHは155円でまだ安め。さすが実用狙い(BTCの約1/12)
  • ライトコインは手数料が10倍に値上がり317円
  • TRXは前回の100TRXが今後の値上がりで影響出そうと思ったら、下がって30TRXで584円
  • LENDとかMTHとかVENとかTRIGとかCNDとか最近良く目にする銘柄は軒並み手数料高い。2000円から3000円。BTC超えてるし…

個別銘柄で送料だけあがったものもありますが、全体的に送料が上がったというよりも、ここ1ヶ月でJPYの価値がだいぶ下がったって感じですね。

最近はBTCもETHも、たまにXRPまでも、トランザクション詰まりが発生していますので、手数料に加えて着金する時間も加味して考えたいですね。

総じて、各取引所での取扱いが比較的多いXRPやBCHで送金すると良いかもですね。

経験上、XRPの送金は手数料も所要時間も申し分なかったです。(以下記事参照)

【CoinCheck】BinanceにリップルXRPを送金する方法

特に少額を送金する場合や複数回送金する場合には手数料も気にしたいところですね。

一覧がなにかのお役に立てば。では。

 

海外取引所でオススメのBinance登録はこちらから。